SSブログ
自然の恵み ブログトップ
前の10件 | -

親鸞上人大蛇済度の地に咲く桜 [自然の恵み]

今年も桜の開花が始まりました。
早速、栃木市内の桜の様子を見て来ました。
場所は、栃木市域の東の端に当たります。小金井街道を東進、思川に架かる大光寺橋はその東側で大きく左にカーブ、渡った先で道路は下って行きますが、下野市との境界を過ぎると今度は、右に大きくカーブし、再び道路は登って行きます。すると道路左側に「蓮華寺」と言う寺院が現れます。今回目的の桜はこの寺院の丁度裏手に有ります。
山門横に有るスペースに車を止め、先ず本堂に参拝し、そこから歩いて本堂裏手に回り込みます。
本堂の裏手は4メートル程低くなっていて、前方にピンクの花を咲かせた桜の木が一本見えます。
手前に農業用水路が有りますが、水路の手前が下野市国分寺町で、水路を渡った先が栃木市大光寺町に成ります。
大光寺町の桜3.jpg

石段を下り水路に架かった橋を渡って、桜木の傍へ行きます。
桜は丁度見頃を迎えて、青空にピンク色の花が映えます。相当な老木の様で幹の部分はおおきく北側に傾いていて、倒れない様に後ろ側から補強棒で支えられています。
大光寺町の桜.jpg

樹齢はどれくらいになるものでしょうか、幹の部分は大きな室が出来ています。周囲には立派な玉垣が作られ、南側正面左脇に「親鸞上人大蛇済度御旧蹟」と刻した石碑が建てられています。
大光寺町の桜2.jpg
 
桜の木の根元近くにも古い石碑が建てられていますが、表面が剥がれていて、僅かに上部に「親鸞」の文字が確認出来るだけです。
辺りを見渡すと蓮華寺本堂の裏手墓地の北側が低くなっています。そこにも石碑が建てられています。近づいてみると、「親鸞上人大蛇齊度之池」と記されています。確かに石碑の建つ北側辺り一帯が、一段と低くなっていますが水は確認出来ませんでした。以前はここに池が存在していたものと思われます。

親鸞上人大蛇御済度之池.jpg

「親鸞上人大蛇済度」とは、ここ花見ヶ岡の蓮華寺に伝わるお話の様です。
その由来などを記した石碑が、先に車を止めた場所の東隅に建てられています。
花見岡碑.jpg花見岡碑(碑文).jpg
(石碑正面写真と碑文の書き写し)

碑文冒頭に一回り大きなサイズの文字で「花見岡碑」、石碑上部の篆額には、篆書体で「大典記念」と有ります。揮毫した人物は、下野壬生藩第八代(最後)の藩主(知藩事)の長男です。幕末の頃この辺り(国分村や大光寺村)は、壬生藩領でした。
石碑に刻まれた碑文を書き写してみましたが、旧字体や不明な字が多く、その内容を正しく読み解く力が私には有りませんので、山門近くに環境省と栃木県が立てた「蓮花寺」の案内文の写真を一部抜粋して掲載させて頂きました。

蓮華寺案内板.jpg

私が記憶する伝説によると、妻が病気と成り、心配した夫が、近くの室の八島神社に毎夜お参りに行っていたが、その行動に不信を抱いた妻が、病の体を押してある夜夫の後を追っていく。しかし途中の川面に映った自身の顔が嫉妬心で恐ろしい大蛇の姿に成っているのを憂い川に身を投げると言うストーリーだったような。
伝説ですから色々変化した話が有るのでしょうが、どちらも大蛇と化した妻が、親鸞聖人によって救われると言うところは共通しています。

今、そんな言い伝えの残る地に、春の鮮やかな桜の花が見頃を迎えていました。
nice!(0)  コメント(0) 

白鳥、撮って来ました [自然の恵み]

風も無く穏やかな日差しの下、川面に遊ぶ白鳥の姿を撮って来ました。
優雅に泳ぐ白鳥.jpg

撮影した場所は鹿沼市と壬生町との境近くの黒川、予想以上に群れる白鳥。この時期にしては豊富な水量が流れる黒川。遠く下流側流れの先に筑波山が見えます。
黒川で遊ぶ白鳥の群れ.jpg

白鳥が群れ遊ぶ川の直ぐ上流側に架かる黒川橋。川の右岸河原に駐車場となる十分なスペースが有り、川岸近くに三脚を構え、望遠レンズで白鳥の様子を、写真に収めようと数人のアマチュアカメラマンの方々が陣取りをしています。
白鳥を見つめるアマチアカメラマン.jpg

静だった風景が突然、白鳥の群れが騒然となりました。数匹の白鳥が泣き叫んで川面を駆け回っています。
それに合わせてカメラマンたちが一斉にカメラのシャッターを切り初め、連写してそのチャンスを写真に捕らえています。
水上をかける白鳥.jpg

でも次の瞬間、あの喧騒は何だったのか、また元の静かな風景の戻っています。
川岸近くの流れの静かな所では、多くの白鳥がゆったりと羽を休めています。
この白鳥達は、何時か又、北の空に戻って行くのでしょう、今はその長旅の為の休養を十分にとって置いて欲しいものです。
羽を休める白鳥の群れ.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

庭の蝋梅が開花を始めました [自然の恵み]

昨夜半から、風が強く雨戸を叩いていました。
今もまだ強い風が続いています。日差しは強く暖かいのですが、風は冷たいです。
昨日、一昨日と抜ける様な青空の下、暖かな天候で洗濯物も良く乾いています。
今日は風が強い為、部屋干しにしました。

そんな中、庭に散ったサザンカの花びらを拾っているとき、庭の隅の蝋梅の花が開花を始めていることに気付きました。
P1170393.jpg
(開花を始めた蝋梅の花、蕾も膨らんでいます。)

前から沢山の蕾が枝に付いていましたので、何時咲くのか気にはしていました。時折、野鳥が飛んできて枝にとまるのも、気になっていました。

数年前は野鳥に食べられてほとんど花を見る事が出来なかった事も有りますし。
実は今年枝に沢山の蕾を付けている木はここ一年で、ずずっと成長したものでこんなに蕾を付けるのも初めてです。
P1170395.jpg
(外の枝の蕾も開花まじかです。)

庭に蝋梅の木を植えたのは、40年近く前にここに家を建てた時、殺風景な庭に植木職人をしていた義兄が何種類かの庭木を植えてくれた、その中の一本ですが、数年前から老木と成ったためか花の付きが悪くなって、昨年の春は全く花を付けなかったので、根元からバッサリと切ってしまったのです。代わりに脇に出てきた新しい枝を一本残しておいた所、ドンドンと枝を伸ばして今、枝にはビッシリと蕾を付けるまでに育ちました。
P1170398.jpg
(40年近く楽しませてくれた老木の切り株が残っています。)

昨日確認した時、開花していたのは一輪だけでしたが、今日はもう五・六輪も開花しています。
これから、日に日に開花していくのが楽しみです。
P1170396.jpg
(蕾を野鳥に食べられない事を願い、開花を待っています。)
nice!(0)  コメント(0) 

密に蜜 [自然の恵み]

今日もまたまた快晴。風も無く暑いくらいです。
真っ青な空にサザンカのピンクの花が鮮やかです。
サザンカの花.jpg

満開も満開、正に密な状態が続いています。
密状態のサザンカの花.jpg

庭の北の隅に有るヤツデの木にも花が咲きました。
ヤツデの花.jpg

匂いを嗅ぎつけたか、蜂がせっせと花から花へ飛び回って、蜜を集めています。
ヤツデにミツバチ.jpg

この暖かい陽気は何時まで続くのだろうか。
nice!(0)  コメント(0) 

庭のサザンカが満開に [自然の恵み]

11月も中旬に入り、我家の庭のサザンカも満開に成りました。
朝日を受けて、真っ青の空をバックに鮮やかなピンクの花が広がっています。
満開のサザンカ.jpg

今朝も、庭に散ったピンクの花びらや、ナツツバキの枯れ葉を拾い集めました。
落葉した夏椿の枯葉.jpg

秋も深まり、もうすぐ冷たい西風がナツツバキの落葉した枝の間を、吹き抜ける季節です。


nice!(0)  コメント(0) 

我家の回りの田圃で稲刈りが終わりいよいよ秋が深まります [自然の恵み]

10月に入って最初の週末、空は真っ青に晴れ上がっています。
この天候を待っていたかのように、昨日から今日に架けて我家の回りの田圃で、一斉に稲刈りが行われました。
あっちからこっちから、コンバインが走行音を鳴り響かせて、黄金色の田圃の中を右へ左へ走っています。
それでも人の姿は、どこも一人か二人です。旦那さんがコンバインを運転して、奥さんが周りで刈り残した稲穂を刈っているんでしょうか。
もう直ぐ収穫.jpg
しっかりと実って、収穫を待つ田圃

稲刈り.jpg
黄金色の田圃の中をコンバインが走りまわています。
稲刈り東.jpg

稲刈り西.jpg
西側の田圃、昨日一日コンバインが走り回って、すっかり刈り取られています。

疎開者1.jpgカマキリ.jpg
我家の網戸には田圃から疎開をして来た物か、カマキリやバッタが姿を現しています。

写真を撮っていると、目の前にトンボが現れ、塀のアルミサッシの先にとまりました。
トンボ.jpg

稲刈りも終えて、今年もまた一段と秋が深まって行きます。

nice!(0)  コメント(0) 

我家の庭も春満開 [自然の恵み]

この間まで殺風景だった我家の庭、スイセンが咲き雪柳がビッシリと白く小さな花を付けて、枝をしならせているだけだったのに、桜前線が猛ダッシュで駆け抜けて行った後、気が付いたら庭のナツツバキの木がみずみずしい若葉色に変わっています。
ナツツバキ.jpg
チューリップが一輪、黄色い花を咲かせました。
チューリップ.jpg
紫色のパンジー、ピンク色のシバザクラ、ハナカイドウも薄ピンクの花を付けました。
パンジー.jpg
シバザクラ.jpg
ハナカイドウ.jpg

でも、喜んでばかりは居られません。油断すると家の周りがあっと言う間に雑草に覆われてしまいます。早め早めで小さい内に抜くのが肝心です。
新型コロナウイルスの感染が一向に収まらず、ずっとステイホームの日々が多くなっているので、草むしりに時間がかけられます。

nice!(0)  コメント(0) 

小平橋の桜が見頃を迎えました。 [自然の恵み]

我家から最も近い花見ポイント「小平橋の桜」が、今年早々と見頃を迎えました。
毎日、季節外れの暖かい陽気の為です。
小平橋の桜1.jpg
巴波川に架かるこじんまりとした「小平橋」、その北西橋詰に位置する2本の桜の木です。
どれくらいの樹齢なのだろうか。

左岸の土手に菜の花が黄色の花を、又道路の脇にスイセンが咲いていたので、それを前景に入れて撮ってみました。
小平橋の桜2.jpg
小平橋の桜3.jpg

桜の開花時期が年々早くなってきている様な気がして、これまで撮影した「小平橋の桜」を何枚か比較してみました。撮影日は残念ながら同一では有りませんが、23日から25日ですのでほぼ同時期と思われます。

先ず今年2021年3月24日撮影です。7分咲き程度になっているでしょうか。
小平橋の桜(2021年3月24日)1.jpg

次は昨年2020年3月23日撮影です。 昨年も結構早く咲いていましたね。
小平橋の桜(2020年3月23日).jpg

3枚目は2018年3月25日撮影です。 蕾はふくらんで来ているようですが、まだ開花していなかったですね。
小平橋の桜(2018年3月25日).jpg

そしてもう1枚、2017年3月24日撮影です。これは蕾もまだ小さくて、まだまだ開花までは日にちが必要です。地面の色もまだ土色で草も生えて来ていません。昨年今年は地面の色も緑に変わっています。
ちなみにこの年「小平橋の桜」が5から6輪開花した日は3月31日でした。4月6日に満開となっています。
小平橋の桜(2017年3月24日).jpg

2017年4月6日撮影、満開を迎えた「小平橋の桜」
小平橋の桜(2017年4月6日).jpg

これだけではドンドン早くなっているとは断言できませんが、今年は暖かい日が続いています。
来年はもっと早くなるのか。元に戻って4月開花に成るのか、今から来年が気に成ります。


nice!(0)  コメント(0) 

家の周りの自然 [自然の恵み]

今朝は久しぶりに雨音で目を覚ましました。
「雨か・・」
昨日は春分の日、昼近くに墓参りをしてきた。少しポツリと雨が降ってきたが、直ぐに止んで無事に墓前に花と線香を供えて来ました。
ここ数日は暖かい日が続いていた。5月の陽気だと天気予報。
暖かいと外仕事が苦にならなくなる。庭の雑草も大きくなる前にこまめに処理する。
狭い庭だが真夏の除草作業は堪ったものではない。

今我家の庭にはスイセンの黄色い花と、ユキヤナギの白い花が咲いています。
スイセン.jpg
ユキヤナギ.jpg
家の周りの田圃の畔には、菜の花が広がっています。
菜の花.jpg

今我家では午前中に良く雉の鳴くのを耳にします。
何所に居るのか周囲の田圃を見渡しても見つかりませんでしたが、昨日カメラを望遠一杯ににして観察。
見つけました。灌木の陰に隠れる様にほとんど動きません。
雉.jpg
暫らく見ていると、近くの草むらに小さい黒い影が動き直ぐに消えました。
「ヒナか・・」
その後もじっと目を凝らして草むらを観察していましたが、二度と確認出来ませんでした。

今朝も雨の降る中、雉の鳴く声が聞こえています。
が、昨日見つけた場所にその姿は有りませんでした。

箱森町も田んぼがどんどん宅地開発され、新しい住宅地に変貌してきています。
でも、幸い我家の周辺にはまだ自然が残っています。

nice!(0)  コメント(0) 

太平山南麓の大中寺に春を求めて [自然の恵み]

ここの所厳しい寒さが続いていましたが、昨日の大寒を越した今日は朝から青空が広がり、寒さも少し和らいだようで、昼間少し出かけてみました。
栃木市大平町西山田の大中寺です、久しぶりに訪れました。
大中寺は太平山の丁度南麓に当たり、その山懐の中に有る為か北風や西風から守られ、南からの太陽の光を集めて、晴れた日は冬でも暖かな場所に有ります。

参道入口に有る広い駐車場に入ると驚きです。太平山のハイキングを楽しむ人たちのものでしょうか、沢山の車が止められています。やっと駐車場の一番奥に1台分のスペースを見つけることが出来ました。

参道の両側には背の高い杉が聳え、その奥に山門、更にその奥に本堂の大きな屋根が見えます。
大中寺参道.jpg大中寺山門越しに境内を望む.jpg

先ずは本堂前まで登り、お参りをしてから境内を散策。大中寺は七不思議で有名なので、先ず一通り見て回った後、本堂前方の境内に咲く蝋梅を写真に収ました。ほぼ満開の状態で、黄色の透き通るような花びらが光を浴びて輝いていました。
大中寺の蠟梅1.jpg大中寺の蠟梅2.jpg
その蝋梅の横に咲く白梅は、まだ蕾が多かったですが、それでも可憐な白い花びらを開いている枝も見られました。
大中寺の白梅1.jpg
大中寺の白梅2.jpg大中寺の白梅3.jpg

まだまだ寒い日が続くでしょうが、それでも確実に春は直ぐ近くまでやって来ています。もすこしの辛抱です。
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - 自然の恵み ブログトップ