SSブログ

今日も洗濯物が良く乾く [自然の恵み]

今日は、朝からずっと安定して秋晴れの洗濯日和です。
秋晴れの下洗濯物が良く乾く.jpg

昨日はよく晴れたのですが、ずっと風が強くて洗濯物が飛ばされそうで、洗濯バサミをダブルに噛ましずれ無い様対処しました。ズボンは風をはらんで泳ぐ鯉幟の様にふくらましていました。

今日もそんな風が心配で、洗濯の途中でテレビの天気予報を確認。風も少なく一日良く晴れる様なので、洗濯機をもう一回追加して、シーツやパジャマも洗う事に。風が強くなったらシーツは煽られて大変なので。

続けて目に飛び込んできたテレビ画面の文字。「洗濯・・・・・」少し興味が有ったので見ていると。
「液体洗剤より粉洗剤の方が洗浄力が高い。でも、繊維を痛めやすい。」とか「洗浄力を増すために洗剤を規定より多くすると逆効果になる。洗濯中に泡が立ち過ぎて汚れを落とす邪魔をする。」「洗浄効果を高めるのは水を多目にしてやると汚れが浮いて取れる。」そのような意味の話が有りました。

私も専業主夫を拝命してから、やっと四か月ほどになりますが、今丁度夏物から冬物に変わる時期で、洗濯作業も新たなステージに入ってきたところ。最近やっと衣類に付けられている洗濯の条件マークの意味を調べ、その意味を理解し始めたばかり、まだまだ疑問だらけです。

これまでは洗剤を多くすれば良く落ちると考えていたし、水をジャンジャン流すのはもったいないと、水位を下げたりと、思えば逆な対処をしていた様です。
洗濯物を干すのも、良く晴れた日に太陽の光を沢山受けて乾燥させれば良いと思っていましたが、先ほどの衣類に付けられたタグを見ると、今日洗濯をした衣類12種類すべて「日陰干し」のマークになっていました。確かに太陽の光で色褪せをしてしまうので、これまでも裏返しをして干すようにしていた衣類も有りましたが、全て「日陰干しが良い」とは。晴れた日、太陽の下に干す洗濯物はタオル類だけなのでしょうか。

これからさらに寒くなるとセーター類も増えてくると、一色単に洗濯出来なく成りそうで、厚物も増えるし、又色々研究しないと、家事はなかなか難問だらけです。
nice!(0)  コメント(0) 

太陽の恵み、洗濯物が良く乾きます。 [自然の恵み]

今日も夏の空が広がっています。
一週間前までは、毎日の様に雨模様で、連日衣類乾燥除湿機のお世話になっていたものが。
八月に入ると一転、毎日太陽が容赦なく照り付け、洗濯物も気持ちよく乾いてくれます。
外干しの洗濯物1.jpg
(夏の太陽の下、洗濯物が毎日よく乾いています)
外干しの洗濯物2.jpg

今日、洗濯物を干しているとき、物干し竿の上を一匹のまだ若いカマキリが歩いているのを発見。
竿の端から端まで行ったり来たり、途中洗濯バサミのハードルを乗り越え乗り越え。
物干し竿にカマキリ1.jpg物干し竿にカマキリ2.jpg

しばし洗濯物を干すのを止めてその行方を追ってみると、竿からハンガーに移り、私の下着の上を歩き回り始めたので、それはダメと追い払いました。
物干し竿にカマキリ3.jpg物干物にカマキリ1.jpg

洗濯物を横目にこうしてブログを書いていると、目の前の網戸にけたたましく鳴いた蝉が止まった。次の瞬間蝉は洗濯物に飛び移ったが、すぐさま飛んで行ってしまった。
蟬1.jpg蟬2.jpg
何処からともなく蝉の声が、この暑さを増幅させてくる。
目の前の温度計は33度を表示している。
洗濯物はとうに乾いているだろう。
nice!(0)  コメント(0) 

我家の玄関先で、今年もツバメが巣作りを始めています [自然の恵み]

早いもので今年も、もう5月半ばになります。我家の庭の草花も春から初夏へと変わって来てます。
5月の花3.jpg5月の花4.jpg
5月の花2.jpg5月の花1.jpg

今、我家の玄関先では二羽のツバメが、巣作りに追われています。
ここ数年毎年見る風景ですが、いよいよ今年も始まったなと言った感じです。
今年、ツバメが姿を見せ始めたのは、四月の中頃からでした。例年巣を作る玄関先を飛び回る姿が有りました。しかし、その割に一向に巣作りを始める気配が有りませんでした。
どうしてだろう、今年ここには作らない気なのか。考えている内に一つの答えにたどり着きました。まだ巣作りの条件が出来ていないのではと。それは、巣作りの為の濡れた泥がまだ手に入らないからだと。
意外とこの考えは当たっていたと思います。
5月11日の朝、その日が訪れました。昨日から家の周りの水田に水が入れられてのです。ツバメはその時を待っていたのです。
5月11日.jpg
(5月11日撮影、今年もツバメの巣作りが始まりました)

朝起きると、玄関ポーチのタイルの上に、沢山の藁くずと泥が散乱、天井脇の壁は泥が付着しています。
まだ、壁に上手く付着せずに、下に落ちてしまう様でした。
当分は玄関先の掃き掃除を、何度もしなければ、ならなくなりました。

5月13日.jpg
(5月13日撮影、少し巣の形が見えてきました)

手抜き工事をしないで、シッカリと壁に接着して欲しいものです。一度巣全体が落ちてしまった事が有りましたから、最初の基礎造りが肝心です。

5月15日.jpg
(5月15日撮影、だいぶ大きくなって来ました)

二羽のツバメ(夫婦でしょう)が交互に、材料を運んで来ては、着々と巣を広げています。
キッチリとした広さを確保して欲しい。昨年は少し小さかったのか、誕生が遅れたちびのヒナが、巣から落ちて亡くなりました。先に生まれた兄さんヒナに、押しのけられて巣から落ちてしまったのか。
今年はそんな事が無いことを願っています。

まだ、巣作りは続いています。これから卵を産んで温めて、ヒナが誕生して、成長して巣立つまで、目の離せない日が続きます。
nice!(0)  コメント(0) 

散り始めました、小平橋の桜 [自然の恵み]

昨日は一日中、強い風が吹き荒れていましたが、今日は風も収まり、日差しも暖かくなりましたので、近くの桜を見に行ってきました。
小平橋の桜、散り始め.jpg
巴波川に架かる「小平橋」、橋詰の桜は満開を過ぎて、散り始めています。川面には散った桜の花びらが流れています。
小平橋の桜、散り始め7.jpg
カルガモの夫婦でしょうか、川岸で戯れています。
小平橋の桜、散り始め2.jpg
桜の花をクローズアップして撮影しました。
小平橋の桜、散り始め4.jpg
川岸には菜の花も咲いており、ピンク色をバックに菜の花の黄色が浮き上がっています。
小平橋の桜、散り始め3.jpg
菜の花に桜の花のコラボレーションは、よく見る春の風景です。
小平橋の桜、散り始め6.jpg
土手には、たくさんの土筆が頭を出していました。
小平橋の桜、散り始め8.jpg
今年の桜の花見は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、不要不急の外出自粛要請が出ている中で、遠出が出来ないため、近くで楽しんでいますが、この小平橋の桜で十分満足できました。
nice!(0)  コメント(0) 

小平橋の桜が早くも見頃に [自然の恵み]

一昨日、まだ1分咲きとお伝えした「小平橋の桜」、今日見に行った所、早くも見頃を迎えていました。
小平橋の桜(見頃に).jpg
(巴波川に架かる小平橋の橋詰に咲く桜が、5分咲きへ)

一昨日は殆ど蕾の状態だったものが、一気に開花していました。昨日も1日良く晴れて、暑いと感じる様な陽気でしたから、桜も慌てて開花を始めたのかもしれません。
見た感じでは、5分咲き程度に成っているでしょうか。
小平橋の桜(五分咲き).jpg
(今日、見頃を迎えた、小平橋の桜)

今年の開花状態は、異常と思えるほど早い咲き具合ですが、比較する為に2017年3月25日に撮影をした写真が有りましたので見てください。
小平橋の桜(2017年3月25日).jpg
(2017年3月25日撮影の小平橋の桜、まだ全然開花していない状態です)

全然開花していないですね。川岸も茶色の肌を露出させ、草花もまだほとんど見られません。
この年5・6分の開花状態になったのは、10日も遅い4月4日です。次の写真がその時撮影したものです。
小平橋の桜(2017年4月4日).jpg
(2017年4月4日撮影の小平橋の桜、やっと5から6分咲きの状態です)

この現象も、地球温暖化によるものなのでしょうか。この夏の暑さが心配です。

nice!(0)  コメント(0) 

栃木旧市内の桜の開花状況 [自然の恵み]

昨日の強風、春の嵐の後、今日は風も弱まり、たっぷりの日差しを受けて、初夏の様な陽気となりました。
昼近くに、自転車の乗って、家の近くの桜の開花状態を確認に出かけました。

家の近くで、私が最も好きな花見スポット、巴波川の小平橋橋詰に向かいます。
開花しています。1分から2分咲きでしょうか。巴波川の水量もかなり少なく成っています。川床が半分くらい露出しています。
小平橋の桜(一分咲).jpg小平橋の桜(まだ蕾が多い)).jpg
(小平橋の右岸橋詰の桜は、1から2分咲きです)(まだまだ蕾の方が多いです)

次の目的地へ向かう途中、嘉右衛門町の妙唱寺本堂前の枝垂桜がピンクに染まる枝を垂らしていました。
妙唱寺枝垂れ桜.jpg
(妙唱寺本堂前の枝垂桜は見頃に成っていました)

自転車を飛ばして、新栃木駅前通り沿いに植樹された、巴波桜の状況を見に向かいました。
巴波桜は早咲きなので、やはり多くの木々はピークを過ぎてしまった感じです。まだ花付が良い所を写真に収めてきました。
新栃木駅前通りの桜.jpgうずま桜満開.jpg
(満開となった、新栃木駅前通りの巴波桜)(巴波桜はすでに満開に成っていました)

暫らくは安定した天候が続きそうですから、小平橋脇のソメイヨシノも直、満開を迎えるでしょう。
その日が来るのが楽しみです。
nice!(0)  コメント(0) 

佐野市の朝日森天満宮に詣でる [自然の恵み]

今日は佐野市の朝日森天満宮に詣で、参道に咲く紅白梅を堪能して来ました。

佐野市にはこれまで何度も訪れていますが、こちらの社は初めての訪問でした。
参道入口脇の駐車場に車を止めて、参道の両側に咲く紅白の梅の花を見ながら社殿前に進み、参拝して来ました。
天満宮参道.jpg
天満宮参道3.jpg
天満宮参道2.jpg
紅梅2.jpg
白梅.jpg
紅梅.jpg
白梅2.jpg
入口の門.jpg
朝日森天満宮社殿.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

立春の日光連山を望む [自然の恵み]

今日は立春、朝から良く晴れて我家からも男体山が輝いて見えました。
せっかくだから、私が知っている近くの日光連山ビューポイントに移動して写真に収めました。

まずは少し高い場所へ。標高が80メートル程の錦着山上が、近くて日光連山全体を望むことが出来るポイントです。
錦着山上からの日光連山.jpg

そして、もう一ヶ所は、錦着山の西麓を流れる永野川に架かる、上人橋上からの眺めです。
永野川「上人橋」上からの日光連山.jpg

午後に成って少し雲が広がってきました。少し吹く風も肌に冷たく感じられます。ここ数日、暖かい日が続いていますが、天気予報ではこの暖かさも明日まで、その後は本格的な寒さが到来すると、注意を呼び掛けていました。
まだまだ、雪化粧をした日光連山を楽しめそうです。

nice!(0)  コメント(0) 

太平山(おおひらさん)の紅葉、見て来ました [自然の恵み]

昨日、太平山南麓を大平町富田から眺めると、結構色付いて来ていたので、早速今日の夕方に太平山の紅葉を見に行ってきました。
太平山遠望.jpg
(手前は台風19号で被災し、1ヶ月運行出来なかった両毛線、先週復旧しました)

途中の遊覧道路はすでに陽が陰り、薄暗くなってしまっていたので、ヘッドライトを点灯して山道を登って行きました。大曲駐車場もまだ多くの車が残っていて、太平山神社方向から歩いて戻ってこられる人達でしょうか。もしかしたら謙信平の駐車場はまだ満車なのでは、でもこの時間だったら帰られる車も多くなって少しは空いていると信じて、車を進めました。
駐車場でもたもたしていたら、太陽が沈んでしまうと、焦る気持ちを抑え運良く開いていた駐車スペースに車を止められました。驚くことに周りに止まっている車のナンバープレートを見ると、ほとんどが他県ナンバー。
撮影ポイントを探す為に急いで謙信平へ移動、紅葉に染まる木々を写真に収めました。
太平山の紅葉6.jpg
太平山の紅葉1.jpg太平山の紅葉2.jpg
太平山の紅葉3.jpg太平山の紅葉4.jpg
太平山の紅葉5.jpg
西の空が赤く染まり初め、太陽が西の山波に向かって下りて行きます。
日没まじか.jpg
今日は、この冬一番の寒さ、昼のテレビの天気予報で、青空にくっきりと姿を見せる真っ白に雪化粧した富士山が映し出されていたいたので、富士山も遠望出来るはず。富士見スポットに行き、南西方向の地平線を探す。予想以上に霞んでいたが、薄っすらと富士山のシルエットが確認出来ました。目を南の方向に移動させると東京の高層ビル群、更に左方向に1本の棒状に東京スカイツリーも見る事が出来ました。
夕陽に浮かぶ富士.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

大芦渓谷の紅葉を見て来ました [自然の恵み]

今日、昼頃から太陽が差してくるようになったので、鹿沼市の大芦川上流に有る、大芦渓谷の紅葉を見に行ってきました。
我家から大芦渓谷まで1時間ほどで行くことが出来、丁度渓谷に太陽の光が入っていました。
大芦川に架かる「白井平橋」の手前に有る駐車スペースに何とか車を入れる事が出来ました。
白井平橋の上流側の河原に下りて行くと、白井平橋と紅葉をバックに写真を撮る家族連れやカップル、そして三脚を構えて撮影する写真愛好家の方々、平日にもかかわらず大勢来ています。
私も、逆光にモミジの赤が浮き上がった写真を撮ってみました。
大芦渓谷の紅葉.jpg
(白井平橋下の河原から、白井平橋をバックに写した大芦渓谷の紅葉)

紅葉の中の白井平橋.jpg
(紅葉のトンネルとなった大芦川に架かる白井平橋)

大芦川の銘板.jpg白井平橋の銘板.jpg
(橋の親柱に付けられ川の名前と橋の名前)

白井平永久橋新設記念の碑.jpg白井平橋旧橋の遺構.jpg
(西側橋詰近くに建つ石碑)       (西側橋詰に残る構造物、吊り橋の橋塔だった物か)

白井平橋の西側橋詰近くに建つ石碑には、「白井平永久橋新設記念」、左下に「栃木県知事 横川信夫」、碑陰には「昭和三十三年十二月起工」「昭和三十四年八月竣工」「総工費 金六百拾七万八千円也」と有り、栃木県・鹿沼市そして地元の各分担金額が記されて、さらに関係者の名前が並んで刻されています。
この石碑の永久橋が現在の橋に成ります。
それ以前はこれは私の推測ですが、同じく橋詰に残るコンクリート製の構造物の形状から、吊り橋が架けられていたのではと思われます。構造物は吊り橋の橋塔だったのではと。

大芦渓谷の紅葉、丁度見頃で最高でした。同時に私の好きな橋や石碑も見られて満足です。
大芦渓谷の紅葉2.jpg



nice!(0)  コメント(0)